改正航空法に伴う国土交通省へのフライト申請を代行いたします!

 

COCODRONEフライト申請代行サービスを行っております。日本全国の包括申請など様々なケースに柔軟に対応いたします。本来は、フライトを行う場所や日時を指定して申請する必要がありますが、フライト毎に毎回手続きを行うのは煩雑です。 また、業務で広範囲にわたってドローンを飛ばす場合などにおいては、場所を指定しての申請が難しいものとなります。 そのような場合、フライトを行う場所や日時を定めない申請(包括申請)を行うことが可能です。

 

どんな場所の撮影に申請が必要なの?

簡単に言ってしまうと以下の三つです。(A)空港周辺 (B)人口密集地域 (C)150m以上飛ばす場合(B)は特に注意が必要ですね。

どんな撮影方法に許可が必要なの?

国土交通省ではドローン飛行を行う際に守るべきルールを定めています。

[1] 日中(日出から日没まで)に飛行させること [2] 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること [3] 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること [4] 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと [5] 爆発物など危険物を輸送しないこと [6] 無人航空機から物を投下しないこと 引用元:国土交通省HPより ルール外の撮影を行いたい場合 あらかじめ、国土交通省大臣の承認を得る必要があります。


ドローン保険申請を代行いたします!

 

COCODRONEドローン保険申請代行サービスを行っております。

ココドローンでDJI対象製品を購入頂くと特典として1年間無料の「DJI無償付帯賠償責任保険」をサービスいたします。