ドローン飛行申請業界最安値!【無人航空機の飛行に係る許可.承認書】代行スペシャルパック登場!

改正航空法に伴う国土交通省へのフライト申請を代行いたします!

 

COCODRONEフライト申請代行サービスを行っております。日本全国の包括申請など様々なケースに柔軟に対応いたします。本来は、フライトを行う場所や日時を指定して申請する必要がありますが、フライト毎に毎回手続きを行うのは煩雑です。 また、業務で広範囲にわたってドローンを飛ばす場合などにおいては、場所を指定しての申請が難しいものとなります。 そのような場合、フライトを行う場所や日時を定めない申請(包括申請)を行うことが可能です。

 

どんな場所の撮影に申請が必要なの?

簡単に言ってしまうと以下の三つです。(A)空港周辺 (B)人口密集地域 (C)150m以上飛ばす場合(B)は特に注意が必要ですね。

どんな撮影方法に許可が必要なの?

国土交通省ではドローン飛行を行う際に守るべきルールを定めています。

[1] 日中(日出から日没まで)に飛行させること [2] 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること [3] 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること [4] 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと [5] 爆発物など危険物を輸送しないこと [6] 無人航空機から物を投下しないこと 引用元:国土交通省HPより ルール外の撮影を行いたい場合 あらかじめ、国土交通省大臣の承認を得る必要があります。


ドローン飛行申請業界最安値!【無人航空機の飛行に係る許可.承認書】代行スペシャルパック登場!

【無人航空機の飛行に係る許可.承認書】

ココドローンが事務作業まで行う業界最安値の代行サービスです。

尚、申請は電子申請で本書PDFデータ渡しになりますが、印鑑付き紙の許可書発行、郵送希望の場合は下記の料金にプラス5.000円、別途必要になります。

 

新規申請料金

会社¥29.800

個人¥19.800

 

更新料金(同一条件の場合)

会社¥19.800

個人¥9.800

 許可等の期間が過ぎている場合の更新は新規扱いになりますのでご注意下さい。

 

当社【電子飛行申請特別パック内容】

含まれるもの

 

1 飛行目的

 DID地区・目視外飛行・人または物件から30m・夜間飛行

2 飛行経路(飛行場所)

 場所を特定しない(日本全国)包括申請

 場所を特定する場合は一飛行場所ごとに3.000円追加

 150m以上、空港周辺など、空港事務所にて手続きを行う際、別途緯度・経度を示した地図・図面を作成する場合は1ページ3.000円追加

 3 飛行機体

 会社 3台まで登録

 個人 1台まで登録

 他機体1台追加ごとに3.000円追加

改造した機体は登録出来ない可能性があります。

航空局ホームページ記載の資料を省略できる機体

https://www.mlit.go.jp/common/001261997.pdf 

 

4 操縦者  

会社 3名まで登録 

個人 1名まで登録

1名追加ごとに3.000円追加 

飛行時間に直近1年の飛行時間を加えてご記入ください。

 

5 3か月ごとの実績報告の作成とリマインド

飛行実績報告提出時期の飛行ログ記録の報告は担当者及び個人が行う。 

369月に報告

 

6 飛行承認期間 

当社規約1231日を満期として

原則として12か月  

更新111日から121日まで

途中から申請の場合1231日までの月割になります。

 

 【含まれないもの】

・申請後機体番号変更登録、申請後機体追加登録 

申請後機体1機追加ごとに5.000

機体の変更があった場合には速やかに報告して下さい。

修理などで戻ってきた機体は機体番号が変更になる場合があります。 

・パイロット途中追加登録

申請後パイロット1名追加ごとに5.000

・飛行実績報告の作成 

・飛行実績報告提出時期のリマインド飛行ログ記録の報告

HP掲載の資料を省略できる機体以外

・空港周辺、150m以上、イベント、危険物、物件投下

・航空法以外の承認許可(国有林上空、国定公園内飛行など)

・その他上記「含まれるもの」に該当しないもの

 

 ココドローン飛行申請

2019年(令和元年)614日現在


ドローン保険申請を代行いたします!

 

COCODRONEドローン保険申請代行サービスを行っております。

ココドローンでDJI対象製品を購入頂くと特典として1年間無料の「DJI無償付帯賠償責任保険」をサービスいたします。